Terra Academyの哲学

近い将来、AI・ロボット時代が訪れて私たちの生活が大きく変わるといわれている「シンギュラリティ」問題。あらゆる業界で話題になっていますが、とりわけ教育界においては注目を集めています。

では、そんなAI・ロボット時代に必要な力とは何でしょうか。職業がなくなってしまうという話ばかりが流布していますが、実際は「職業」というふうに括ることはできません。人工知能研究の世界では、AIには「強いAI」と「弱いAI」という二種類の概念があります。実は、今加速度的に進化をしているのは「弱いAI」と呼ばれる方のいわば計算機です。この演算速度がどんどん上がっているんですね。しかし、どこまでスピードアップしたところで人間に追いつくわけではありません。作業などはAI任せにできるようになりますが、臨機応変で適切な判断をすることは計算機である「弱いAI」には出来ません。そして、あらゆる職業には、作業だけではなく判断が必要といえます。

また、1つの視点としてAIやロボットがあるのは間違いないですが、他にも変化していることはたくさんあります。現代は不確実性の高い時代ともいわれますが、右肩上がりだったバブル期までの日本経済が「たまたま」特殊だっただけで、元々不確実だったともいえます。そのような不確実に立ち向かうために必要なのも判断力です。現状、国内の入試では判断力を試されることはほとんどありません。しかし、海外のトップ大学ではそのような力を問うのは当たり前で、そのような判断力のベースとして知識や思考方法などのスキルがあるといえます。国内のトップ校でも2020年に向けてAO入試は変わりはじめています。義務教育に登場する主体性・対話・深い学びといったキーワードもまた、そのような視点を持ち始めているともいえます。

実際のところ国内外のトップ校や、企業が求めているマインドやスキルはほとんど同じといえます。そして、その力は適切な環境や学びで「誰でも」身につけることができます。にもかかわらず、進学に焦点を当てた日本の中高生向けプログラムはほとんど存在しません。TerraAcademyには、教育改革前の日本でそれらの教育を実践してきたプロフェッショナルが集っています。私たちは、時代の変化の波にさらされている日本の中高生が、世界で活躍し、豊かな生活を送るために、その第一歩として進学の選択肢を増やすお手伝いをしたいと考えています。しかしその方法は、決して一方的・一元的ではなく、共に学び、共に成長し、共に世界を作っていく仲間としての体験です。ぜひ、一緒に有意義な時間を過ごしましょう。「世界一の仲間たち」があなたを待っています。

お問い合わせ ※お電話でのお問い合わせ先:03−4405−5891

6 + 6 =